大学院概要

大学院、言語コミュニケーション研究科の概要をご紹介いたします。

修士課程における研究指導の流れ

必修の課題演習では学位論文の完成を目指して、指導教授を中心とした2年間にわたる指導を受けます。学位論文の完成に向けては、論文審査の主査となる指導教授以外に、2名の副査教員も学位論文の作成に関わる助言や指導を行います。
※言語コミュニケーション研究科では、学位論文として、修士論文・課題研究レポート、ポートフォリオのいずれかの提出が必須条件となっています。ここでは総じて「学位論文」という表現に統一させて頂きます。

【入学試験時】

面接試験の時に学生の研究関心を確認する。

【1年次】

4月

研究科ガイダンスを行い、各大学院生が提出している研究計画書に基づく個別相談を行い、指導教授を決定する。
→大学院生は当該指導教授が担当する「課題演習I」「課題演習II」を履修し、その助言を受けて研究テーマに適合する履修科目を決定し、履修登録する。
→「課題演習I」「課題演習II」では院生の学位論文の作成に必要な基礎的記述や視点を学び、個別の研究テーマの明確化作業を一年間を通じて行う。

9月

各大学院生は個別の研究テーマに基づく研究の進行状況について報告し、指導教授の確認を受ける。

12月

学位論文の論文題目を仮決定し、指導教授を通じて研究科長に提出する。

【2年次】

4月

1年次に引き続き指導教授が担当する「課題演習III」「課題演習IV」を履修し、その助言を受けて2年次の履修科目を決定する。
→学位論文の概要を指導教授に提出する。指導教授はその内容に関連する分野の教員と協議の上、論文作成のアドバイスを与える。
※この段階で学位論文の主査1名(指導教授)と副査2名が決定される。

7月

審査員3名が参加して学位論文の中間発表会を開催する。院生は各審査員による面接指導を受ける。

10月

院生は学位論文の進展状況について指導教授に報告し、確認を受ける。

1月

学位論文の提出

2月

口頭試問を含む審査会と最終試験の実施。その結果に基づいて研究科委員会によって合否を決定する。

ページトップへ